オンライン英会話の豆知識

英語が公用語の国

英語が公用語の国は、アジアなら、フィリピン、シンガポール、香港、パキスタン、グアムなどです。

インドの公用語はヒンディー語で、英語は準公用語となっています。

公用語になっていない国でもグローバル化で、英語の必要性は世界的なものとなっているので、英語を話せる人は増えているように思います。

多くのオンライン英会話スクールでは、フィリピン人を積極的に講師として採用しています。

採用される理由は、フィリピン人は子供の頃から英語になじんでおり、英語が日常的に使われているということがありますが、人件費が安いというのが一番の理由でしょう。

そうでなければ、アメリカ人やイギリス人を講師として採用しているはずです。

英語を学びたいという人の中には、アメリカ人やイギリス人講師に教わりたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その場合、レッスン費用が少し割高になってしまうかもしれません。

オンライン英会話スクールを利用する場合は、おそらく英語が公用語の国の講師で、かつ給料が高くない人材ということになっているようです。


なまりのある英語

英語は、世界の標準語となってはいますが、なまりや方言などで区別されます。

アメリカ英語とイギリス英語に分かれており、両者はつづり、文法、発音などの面でさまざまな違いがあります。

日本は、アメリカ英語で教育されてきたので、イギリス英語よりなじみやすいと思います。

しかし、日本人が中国人と間違われやすいのと同様に、外国人はみな同じに見えます。

アメリカ人とイギリス人のハーフという人もいますし、そのほかの国との混血で、ほかの言語をしゃべっていることも考えられます。

自分の発音が悪いから会話にならないのだと思っていると、相手がなまっていたり、方言だったりすることがあります。

アメリカ人に聞いても、「いや、俺も彼が何を言っているのか分からない...」ということもあるのです。

それと、注意した方がいいのは、「和製英語」の存在です。

海外旅行をしたときに強く感じるのは、英語だと思っていた単語がまったく通じないことです。

ガソリンスタンドを探しているのに、肝心の「ガソリンスタンド」という言葉が伝わらない...、これはガソリンスタンドが和製英語だからです。

まず、和製英語をスッパリと忘れる必要があるかもしれません。

 

料金が安い理由

街中にある英会話スクールと比べると、格安な料金で入会できるオンライン英会話スクールですが、安さの理由は、現地の人件費などと関連しています。

フィリピンの田舎町に校舎を開設すると、賃料や光熱費などが安くすむようです。

オンライン英会話スクールにフィリピン人が多いのは、人件費の安さが理由となっています。

また、インターネットを使用してレッスンを行うため、場所を確保する必要がありません。

とくに、講師の自宅でレッスンを行っている場合には、格安の料金でつなぐことができそうです。

大手と小さなスクールでも、料金が異なります。大手で、宣伝費を多くかけていたり、教材に凝っていたりすると、それがレッスン費用にはね返ります。

しかし、自宅で英会話を学ぶ人が増えているせいか、1レッスンを200円以下で受けられるところがふつうにあります。

安いからといって、講師の質が悪いなどということもないようです。どこのスクールも、優秀な講師の採用に力を注いでいます。

経済的なことが理由で、英会話を習うのをためらっているような場合は、オンライン英会話スクールがおすすめです。


予約は必要?

オンライン英会話スクールを受講するときには、予約が必要になるところが多いようです。

予約しなければならない理由としては、受講する生徒の多い時間帯で講師の数が足りなかったり、人気のある講師は、なかなか予約が取れないことなどがあげられます。

ただ、予約が取れないとレッスンになりませんし、予約が取れる講師は教え方が悪いみたいなことになると、英会話が覚えられないようなことにもなりかねません。

実力のある講師がたくさんいて、十分なレッスン時間が取れることは、オンライン英会話スクールを利用する上で大切なことです。

多くのオンライン英会話スクールでは、「予約は、レッスン開始時間の××分前まで」とか、「キャンセルは、レッスン開始時間の××分前まで」のように決められています。

また、講師側でキャンセルがあった場合などは、ほかの日に振り替えになるようです。

ところで、レッスンの予約をする必要がなく、受けたいと思ったらすぐに入室できるスクールがあります。

「先着入室制」となっているオンライン英会話スクールです。

そういったところなら、生徒で埋まってさえいなければ、すぐにレッスンを始めることができるでしょう。


効果や成果はあるの?


オンライン英会話スクールでレッスンを受けて、効果や成果はあるのでしょうか?

毎日20分程度、講師と話を続けることができれば、それなりに効果や成果は出ると思いますが、人により時間はかかるかもしれません。

信頼できる先生にあたり、楽しくレッスンを受けている人は満足されているようです。

しかし、講師の質が低かったり、突然のキャンセルが多い、レッスンが厳しすぎてついていけないようなことがあれば、続けるのは難しいでしょう。

オンライン英会話スクールを利用する人が増えてきているせいか、人気の高い講師には受講生の予約が殺到して、教えてもらえないようなことも起こっています。

それと、語学を学ぶ以前にコミュニケーションが重要なので、人見知りだったり、もともと他人と話をするのが好きじゃない人にとっては、外国人と話すことがハードルになる場合があります。

英語が苦手でも、外国に興味を持っていたり、会話を新鮮に感じることができる人は上達が早いみたいです。

 

どんな人が講師をしてるの?

オンライン英会話の講師の大部分がフィリピン人ですが、フィリピンは英語が公用語で、英語人口が世界第3位という国です。

しかし、オンライン英会話スクールはレッスン料金の安さウリなので、フィリピン人が多く採用されている理由は人件費が安くすむ国だからでしょう。

格安のオンライン英会話スクールだと、講師が大学生だったり、発音が悪かったりで授業内容が充実していないことがあります。

英会話の話し相手になるということと、英語を教えるということは別だと思います。

しっかり教わりたいなら、教育のプロを揃えているオンライン英会話スクールを選択することをおすすめします。

また、初心者には、日本語も話せるバイリンガル講師がいますが、多いのは外国人講師です。

フィリピン人講師の数は多いようですが、アメリカやイギリス人講師を選びたいという人は、指名することも可能です。

オンライン英会話スクールのホームページに、担当講師のプロフィール一覧が掲載されていますから、どんな人が教えてくれるのかを確認することができます。


講師の質をチェック?どこを見ればいいの?




オンライン英会話スクールにおける講師の質は重要ですから、入会する前に確認するとよいでしょう。

スクールのホームページに、講師のプロフィールのようなものが掲載されています。

それを見ると、だいたいどのような講師に教わるのかが分かります。

プロフィールでは、経歴や学歴、保有資格などが気になりますが、自分の英語のレベルと合わない場合があります。

講師の経歴も大切かもしれませんが、楽しく会話できることもポイントではないでしょうか?

オンライン英会話スクールが続いている人の中には、「先生が面白くて、毎日会話するのが楽しい!」と言う人も少なくありません。

厳しく教えてくれる講師を選ぶか、友達のような講師を選ぶかはまったく自由です。

初心者には優しい先生の方が良いかもしれませんが、オンライン英会話スクールに慣れてきて、自分のレベルが上がってゆくにつれて、もっと知識の豊富な人に教わりたいと、慾が出ることもあるようです。

初心者に限れば、それほど講師の質にこだわらなくてもよいのではないかと思います。



 

テキストはどうなっているの?

オンライン英会話で使用するテキストですが、不要とするところも少なくありません。

その場合、先生が用意するようですが、オンライン英会話スクールのホームページに、テキストとして使用される教材の一覧が掲載されています。

それらをごらんになって、興味が持てそうなテキストを扱っているところをお選びになるといいと思います。

ただ、先生により教えやすいテキストというのはあると思います。また、そのテキストがあなたに合っているかどうかは、レッスンしてみるまで分からないでしょう。

なかには、例文がほとんど役に立たないテキストもありますから、そういうテキストを覚えるのって時間のムダですよね?

多くのオンライン英会話スクールは、マンツーマン方式で行われていますから、担当の先生にどのようなテキストを使っているのかを聞いてみましょう。

予約制で、担当する先生がその都度変わることもあるので、テキストが変わることも考えられます。

担当講師によりますが、希望を聞いてくれる先生がいますから、ご自分が覚えたいと思うテキストを準備しておいてもいいかもしれません。


先生のメモは記録できる?


オンライン英会話スクールでは、外国にいる講師とスカイプを使ってレッスンを行います。

メールで、レッスンで使用するテキストや、先生の書いたメモを送信してもらうこともできます。

耳だけで聞き取るのは難しいので、文字を先生に教えてもらいながらレッスンを受けた方が分かりやすいでしょう。

とくに初心者は、先生の言ってることが分からない...、自分の発音では先生に伝わらない...ということがありますので、メモを取りながらレッスンを受けることをおすすめします。

また、英語には、「light(光)」と「right(右)」のように、ちょっと聞いただけでは間違えやすい英単語がたくさんあります。

発音と英単語をその都度確認する必要が出てきますから、先生のメモを記録する確率も初心者ほど高くなるでしょう。

こういうこともあるので、オンライン英会話スクールのレッスンでは、双方の手元を映すためのウェブカメラが必要になってくると思います。



 

必要な通信速度

オンライン英会話をストレスなく受講するには、それなりの通信環境が必要になります。

スカイプはパソコンとインターネットを利用して通話するため、パソコンの性能やインターネットの通信速度の影響を受けます。

まず、パソコンの機種が古いと、受講できない場合があります。

それぞれのオンライン英会話スクールで推奨している性能がありますから、それを確認するようにしてください。

次に、インターネットの通信速度ですが、契約している通信速度より遅くなっている場合があります。

それに、通信速度は、そのときの状況により変化します。

通信速度は自分だけでなく、通話する相手にもよります。あまりにも古いパソコンや、ほとんど速度が出ないインターネット回線を利用している場合、通話がとぎれとぎれになったり、場合によっては、通話できない状態になるといったこともありえます。

ちなみに、インターネットの回線スピードは、簡単に測定することができます。

スカイプには、「Skype Test Call」という無料のテストサービスがあるので、それで試してみてください。「上り」と「下り」の通信速度が分かります。

ただ、回線スピードが遅いとしても、レッスンを受講することができる場合もありますので、体験レッスンを受けてからご判断ください。



レッスン中にネット接続が切れたら?



もしも、レッスン中にネット接続が切れたら?

その対処法は、それぞれのオンライン英会話スクールのホームページに掲載されています。

しかし、その対処法は、自分の方にトラブルが起こった場合で、講師側にトラブルが起こった場合は、サポートセンターに問い合わせを出して、ほかの先生に変更してもらうぐらいしか方法はないと思います。

よく聞くトラブルに、フィリピン在住の講師の回線トラブルによるものというのがあります。

その講師が住んでいる環境にもよりますが、台風が多いような場所に住んでいると、停電が起こって回線が乱れたり、切れたりするようです。

こういったトラブルを防ぐために、オンライン英会話スクールでは在宅の講師ではなく、ネット環境の整った事務所を設けて、安定した環境で授業が行えるような配慮をしているところがあります。

トラブルが多ければそれだけクレームにつながり、運営に差しつかえるように思いますから、企業としては当然の配慮でしょう。

安定した回線でレッスンが行えるかどうかは、運営しているオンライン英会話スクールの取り組み方によるものも大きいように思います。



 

成功・失敗体験談

成功談


ネット上に上がっていたオンライン英会話スクールの成功体験談です。

「日本人スタッフの対応もですが、先生の親切さや笑顔の絶えないレッスンが私の中での決め手となりました。私の場合、飽きやすい性格なので続けやすさを第一に選びました。月額の料金プランも比較的安い方だと思いますし、平日は仕事から帰ってきた後、土日は朝方でレッスンといった具合で、約5ヶ月間続けています。」

レッスンを楽しく感じることができれば、続けることができるという好例だと思います。

「事務所の対応もきめ細やかで、スピーディー。初心者の私でもクオリティーの高い先生のおかげでレッスンが楽しみです。早朝もやっているので、出勤前の脳の活性化にも○!清々しい気分で仕事に向かえます。」

夜は受講者が多く、予約が取りにくかったり、仕事から帰った後で疲れていることもあることから、早朝レッスンを受けているという人の意見が見られました。

「今まで他に3つのオンライン英会話を利用しましたが、クオリティは群を抜いていると思います。講師は英語力はもちろんなのですが、豊富なビジネス経験があり、英語でビジネススキルを学ぶといった印象です。カスタマーサポートも素早い対応してくれます。」

質の高い、相性の良い講師にあたれば、マンツーマンでレッスンを受けることができるというのは、貴重な体験となるでしょう。


失敗談


ネット上に上がっていたオンライン英会話スクールの失敗談をあげておきます。

「以前は月額6,000円払って参加し放題のオンライン英会話を使っていたが、最初は気合が入るものの、気持ちがだれてくると月2?3回しか参加しない事もあり、結局は割高になってしまっている月もあった。」

大切なことは、毎日少しずつでいいからレッスンを続けることですね。

「日本語可の先生でレッスンを受けましたが、実際にはあまり日本語がわからず、沈黙が続いてしまい気まずい思いをしました。まったくの初心者には、少し厳しいと思いました。」

コミュニケーションが取れないと、お互いだまりっぱなしのようなことになりかねませんので、ある程度日本語が話せる講師を選んだ方がいいかもしれません。

「オンライン英会話というよりオンライン多国語会話のサービスです。ただ言語によって先生の質にばらつきがありすぎる。よくわかりませんが登録時にきちんと審査してないのではないかと思います。教え方もばらばらだし、もうちょっと統一の基準を作って欲しい。」

英語が話せるということと、英語を教えることには差があります。教えるという観点から講師を採用しているオンライン英会話スクールを選ぶことをおすすめします。



 

 

Page top