比較

eラーニングとの比較

eラーニングというのは、パソコンやインターネットを使った学習方法全般を指します。

英会話だけでなく、自宅で学ぶことのできる学習塾などもeラーニングを取り入れています。

また、企業研修や社員教育をする際にも使われる言葉です。実技を伴う学習以外は、すべてこのeラーニングに入ります。

もちろんオンライン英会話スクールも、eラーニングの一種です。

現在のeラーニングの課題は、モバイルがパソコン、スマートフォン、携帯電話、タブレットなどに分かれており、通信速度や画面のサイズが異なる複数のモバイルで、同じ教材を配信することが難しいことです。

利用するには、スペックの高いパソコンで、安定したインターネット回線を確保しなければなりません。

オンライン英会話スクールも、外国人講師に自宅にいながらレッスンを受けられるというのは画期的ですが、現地の天候に影響されたり、回線が途切れる、音声が悪いなど、通信状態を安定させるには改善の必要があります。

 

英語自動習得プログラムとの比較

オンライン英会話スクールでは、外国人講師と直接会話しますが、「人と話すことが苦手...」という人は入会しづらいのではないかと思います。

そんな人におすすめなのが、「英語自動習得プログラム」です。

通信教育、cdやdvd教材を使った独学に近いものがあります。

英語自動習得プログラムは、英語を話せるようになるためのツールです。

中学2年生程度の英語力があれば、誰でも英会話できるようにプログラムされています。

習得にかかる時間には個人差がありますが、だいたい半年?1年ぐらいが目安です。

学習方法ですが、日本語で示された意味を、指定秒数以内に声に出して英語で話します。これを繰り返し行うことにより、英語を話す力が身につきます。

この方法は、「カランメソッド」と似ています。

オンライン英会話スクール以外で学習ツールをお探しの方は、体験学習ができますので、英語自動習得プログラムを試してみてください。

 

スピードラーニングとの比較

プロゴルファーの石川遼選手も愛用しているという「スピードラーニング」。時間と場所を選ばず視聴できる英会話教材です。

「スピードラーニングは、ゴルフで言えばゴルフクラブのような存在。一生使い続けたい」と石川遼選手。

スピードラーニングの学習方法ですが、バックにクラシック音楽が流れていて、音楽を聴きながら同時に英語も聞き流すだけという簡単なものです。

英語の後に日本語が入っているので、テキストをわざわざ見なくても意味が分かるというのもいいです。

通勤時間や車の中、家事をしながら繰り返し聴いているうちに、聞き取れる部分がだんだん増えてくるでしょう。

オンライン英会話スクールは人間相手なので、「対人関係が面倒くさい...」という人には英会話教材の方がラクかもしれません。

スピードラーニングのような英会話教材で学習して、英語が理解できるようになると、今度は人間相手にしゃべりたいという欲求が出てくるようです。

聞き流すだけで英語を覚えるなんて無理だろう...と思われる方は、「スピードラーニング試聴用のCD」がありますので、お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

NHKラジオ講座との比較

NHKラジオ講座で英語を学んでいる人は多いようです。

人気の理由は、番組が豊富なことではないでしょうか?

「基礎英語1?基礎英語3」で単語や文法を覚えることからはじまって、英語でコミュニケーションをとれるようになるのが目標です。

「英会話タイムトライアル」では、言いたいことを簡単な英語でとっさに言える力を徹底的にトレーニングします。

「攻略!英語リスニング」では、英語を正確に聴き取ることを目標としたトレーニング講座です。

また、ビジネスマン向けに、「入門ビジネス英語」と「実践ビジネス英語」講座の二通りあります。

ほかには、「ワンポイント・ニュースで英会話」、「英語で読む村上春樹」など、上級者向けの講座で楽しむこともできるでしょう。

なお、教育テレビでも各種英語番組が放送されているので、NHKラジオ講座と合わせるとさらに効果的だと思われます。

慾をいえば、NHKなので内容が堅苦しく感じます。基礎的なことを学ぶにはいいと思いますが、会話力をつけるために、オンライン英会話スクールのようなものが利用されるのでしょう。

 

カランメソッドとの比較

カランメソッドとは、「ダイレクトメソッド(直接教授法)」と呼ばれているもので、通常の英会話の4倍速でスピードマスターできるというのがウリです。

カランメソッドの練習方法ですが、先生が質問をして、生徒はそれにフルセンテンス(長文)で答えるというシンプルなものです。

「英語脳」という言葉をご存知でしょうか?

日本語になれ親しんでいる私たちは、英語を聞くと「英語⇒日本語に一度変換してから、英語で話す」という流れで会話します。

しかし、外国人は「英語を聞く⇒英語を話す」なので、会話するスピードが速いのです。

カランメソッドで練習すると、英語脳に切り替わるのが早くなります。

カランメソッドとオンライン英会話スクールとの違いですが、厳しく徹底的に英会話を繰り返すという点が異なります。

オンライン英会話スクールにも厳しい講師はいると思いますが、大部分は楽しく毎日レッスンを行う方針です。

テキストや教材にも、面白く飽きずに続けられるようなものが選ばれています。

カランメソッドの方は、とにかく徹底的に英会話を反復練習します。その結果、早く覚えることができるといわれますが、受講者の性格により向き不向きがあるのではないでしょうか?

その向き不向きは、はじめてみないと分かりませんから、オンライン英会話スクールでなかなか覚えられない...という方は、カランメソッドをはじめてみるのもよいかと思います。

 

cd、dvd教材との比較

英語を学ぶには、cdやdvd教材を使った通信教育という方法があります。

通信教育で英語を学ぶメリットですが、自分のペースで進めることができるので、忙しくて時間が取れない人などに適した勉強方法です。

これは、オンライン英会話スクールを利用するのも同じです。事前に講師の予約を取らなければならない点は異なりますが、好きなときにネットにつないでレッスンを受けることができます。

あとは、通信教育が優れている点として、cdやdvd教材の質が良いことがあげられます。

通信教育は、受講者がスムーズに学習できるように、cdやdvd教材の構成に力を入れています。

オンライン英会話スクールの方は、講師次第のところがあり、優秀な講師にあたった場合は学習効果は上がるでしょうが、英語を使って会話して終わりということもあるようです。

きちんとした教材を使って英語を覚えたいという人には、通信教育の方が適しているかもしれませんね。

オンライン英会話スクールは、英会話の必要がある人向きです。たとえば、海外旅行に出かけるために、必要最低限の会話をマスターしたいなどという人に最適ではないでしょうか。

 

英会話スクールとの比較

街中の英会話スクールとオンライン英会話スクールとで、どちらが良いかですが、人により向き不向きがあると思います。

初心者がはじめやすいのは、いつでもどこでも学習できるオンライン英会話スクールの方です。

英会話スクールは、グループレッスンという形を取っていることが多いため、ある程度英語がしゃべれないと、
会話に加わるのが難しいかもしれないからです。

ある程度英語が話せて、人と一緒に学んだ方が楽しいという人におすすめの方法です。

英会話スクールの中には、マンツーマンのレッスンや、プライベートレッスンのような形で学べるところもありますが、レッスン料金が高めです。

オンライン英会話スクールは、それよりもずっと低い料金で、マンツーマンのレッスンを受けることができます。

まずは、低価格で学ぶことのできるオンライン英会話を行ってみて、
勉強が続かないような場合に英会話スクールに通うことを考えるとよいのではないでしょうか?

これと逆で、現在英会話スクールに通っているものの学習効果が上がらない...という人は、オンライン英会話スクールをはじめてみることをおすすめします。

 

 

Page top